2017
01.08

今年の初詣は・・・・・

Category: 地元

とうとう2017年。
始まってしまった、という感じ。

今年はどこに初詣にいこうか、と、だいぶ考えました。
ここに引っ越してきて4年目になり、
近くの神社は、行ってしまったしねー。
願いは叶ってないし、どうする?と。

元旦に私の実家に二人で遊びに行くことになっていたので、
子供のころからお世話になっていた実家の近くの神社へ行こう、と
いうことになりました。
弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)という神社で、閑静な住宅街にあり、
とても綺麗な神社なんですが、、

長蛇の列で、、、遠くから手を合わせるのが精いっぱいでした。
とってもだーーーーーーいじなお願いがある私たちは、
帰ってきてから、2年目の年にお参りした神社に再度お参りしてきました。


2017_01_06_3019rs.jpg

二日の日の夕方にでかけたのですが、
提灯に灯が入っていて、なんともいい感じだったのです。
だから、三が日があけて4日にわざわざまた夕方に
カメラを提げてでかけたら、・・・・提灯は暗いまま。
三が日だけだったんですねー、失敗しました。笑

なのでちょっとうすぐらい風景で。


石田神社、いしだじんじゃだとばかり思っていたのですが、、、

2017_01_04_2988rs.jpg

どの神社にお参りしようかと、調べていたときに、
これは『いわたじんじゃ』と読むことがわかりました。

なるほどー。です。
地名は岩田町なんですよね。
きっともともとは、石田とかいて『いわた』と読んでいたんでしょうね。

あっという間に6連休も終わり。
年末も年始も、あわただしい感じで過ぎ去りました。
この三連休のほうが、まだ少しゆっくりできている感じです。

また新しい年が始まったんだな、という実感がじわーと湧いてきています。

==

我が家は残念ながら、また今年も、いろんなことを我慢して
頑張る年になることが決定?したので、
すでに年末からかるーい戦闘モードなのですが、、

写真のほうは、なんとか気を取り直して、撮っていけたらいいなと思います。
というわけで(どういうわけ?)、今年もご近所しかいけないことに
なりそうですが、どうぞよろしくお願いいたします。

今年はよい年になりますように♪
みなさまにも、よい年がきますように!





にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
Comment:0
2016
12.21

猫もいない

Category: 地元
(ムダに長いです 笑)

2016_09_07_2659_1rs.jpg

カメラを提げて歩けば歩くほど、
写欲が下がる、なーんて思って気が滅入る
紅葉も撮れなかった。
「紅葉ないねー」といったら、彼がしばらく考えて、
「違う、木がないんだよ」と。

なーるほど、と、ものすごく納得。そりゃ紅葉の写真なんか
撮れるはずもないね。って。

この綺麗な道路は、いつだったか仔猫の黒猫が同時に5匹うつってた写真の小さな路地の
出口(入口?)が面している場所。

ずーーーーっと工事が続いていて、夏が過ぎて秋がやってきても、
猫たちは戻ってきませんでした。
あの騒音、工事車両、人の出入りで、猫がいるはずもないけれど、、
終わったら戻ってくるかも、と期待していたんだけどね。
自然の写真が撮れない、猫たちもいなくなった。

しかも、この道路、片車線しかできてない。
しかも、その片車線も向こうまで開通せず、途中まで。
そのまま工事は中断された。
先月の市報便りで「予算がとまったため中断」とのっていた。
・・・なんてこった。

ワールドカップが決まった花園ラグビー場付近は、
着々と道路が整備され、最寄り駅前の廃頽した広場は作り直される。

ラグビー場は、確かに試合が開催されるたび、たくさんの人が訪れる。
人も車もいっぱいだ。
でもよそからくる人たちばかり。

この道路が開通して、隣の駅との行き来ができるようになったら、
ほんとに便利になる。
今抜け道として使われている狭い道路は、事故ばかりで、
しかも徐行とか、譲るとかいう概念の少ない車が横行していて危なくて仕方がない。
このくらい広い道路ができれば、安心だと思っていたのに、このまんま。

猫たちがいなくなった代償なのに、道路もつながらないってね。

今は「この先、道幅狭し」という看板がたってる。
狭し、って、通ってないでしょう?!って、見るたびに思います。

市政も国政も市民、国民のためにはお金をつかわない。
なんていいたくもなります。

片車線だけでもいいから、通してくれないかなあ。。。
道路が開通しないなら、猫ちゃんたちだけでも、帰ってきてくれないかなあ。

↓この写真は、道路を逆方向から撮ったもの。2014年9月の様子。

20140912_1411rs.jpg

行き止まりになっていたのでほとんど人通りがなく、
治安がとても悪い場所になってた。

ほんとに残念。
一度、中断してしまった工事が再開されるのは、なかなか難しいんじゃないかな。

年末に差し掛かっていますが、今年は私たち二人、
いろいろとトラブルに見舞われた年で、来年はよい年になるといいなあと思います。

そういえば、クリスマスにケーキを買う美味しいケーキ屋さんも
閉店してしまったのでした・・・
今年はクリスマス、お休みだから、二人でケーキを買いに行こうねって
言っているのですが、ケーキ屋さんがない(笑

愚痴ばかりになっていますが、スミマセン。
さすがに、広告表示が出ているのには耐えられず、更新デス!


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
Comment:0
2016
11.02

今年のお祭り 2

Category: 地元
2016_10_14_2808rs.jpg


2016_10_14_2800rs.jpg


2016_10_14_2763_3rs.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
Comment:0
2016
10.26

今年のお祭り

Category: 地元

昨年は、たまたま彼を迎えに駅前までいったときに、
タイミングよく地車が通り、
夜のお祭り風景をとることができました。

今年は・・・
先日、写真をアップした吉田春日神社のお祭りは7日と8日だったのですが、
(専業主婦のくせに)過労とストレス?で湿疹がでて、外出禁止といわれてしまい(夫に)
見に行けませんでした。

で、がっかりしていたのですが、14日。
家にいたら、すぐ近くでお囃子の音が!!
カメラをひっさげて、マンション4階から飛び降り、もとい、エレベーターに飛び乗り、
探しました。その姿を。

すぐ近くに、地車が。

2016_10_14_2700rs.jpg
2016_10_14_2707rs.jpg

電線と電信柱だらけなのは、ご容赦ですが、
どうやら青年団の地車らしく、お兄さん方が威勢良いかけごえで。

こんな住宅街の狭い道を通るんだなあと、ちょっとびっくり。
すぐその先で、違う町になるのでその向こうへはいかないはずだと。。。

そしたらそこにある保育園の子供たちのためにやってきたようでした。

青年団の地車でしたが、お母さん(奥さんなのかな)と子供たちも少し。

地元で育った子供なんでしょうね。
お囃子のリズムに合わせて、ずーっと踊っていました。
なんとも、派手な髪ですな!

2016_10_14_2769rs.jpg

お母さんと娘さんもお祭りスタイルです。

2016_10_14_2756rs.jpg

続きがあります→
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
Comment:0
2016
10.19

前回のつづき

Category: 地元

やっと晴れて散歩にでたら、猫ちゃんにあった。という話の続き。

お祭りの幟の中を通って、神社の境内へ。
ここはよく来るお馴染みの場所。

2016_10_06_2694rs.jpg

もしかしたら前にも写真を載せたかもしれないんですが、、
左奥に置いてあるのはラグビーのボール。
ラグビーの聖地、とかいわれている花園ラグビー場があるからです。
三万人が収容できるおおきな競技場です。
ワールドカップが開催されることが決まってから、ますます東大阪市は
調子に乗って税金を投資してラグビー場のまわりだけを整備しています。

そういえば、ラグビーボールの形をしたカレーパンも有名なんでした。

そんなことを考えながら歩いていたら、
道端でひなたぼっこをしているおじいちゃまにお会いしました。
今日はまた29度もあって暑かったけれど、この日はここちよい気温だったのです。

おひざには、猫ちゃんが。

2016_10_06_2697rs.jpg

夏の間中、家に閉じ込めていたので、かわいそうで風にあたらして
あげようと思って連れてでてきた。といっておられました。

車が通ると怯え、家の中にしかいないので車が怖いんですよ、とにこにこされるお顔は、
もうかわいくて仕方がない様子が伝わってきました。
みてください、このぎゅっと握っている手?。
飛び出さないように、しっかりと捕まえていたんですね。
この仔は女の子だったので、箱入り娘さん。

なんだか泣きそうになりました。
短い間だったけどとてもいい時間をいただきました。


2016_10_06_2666rs.jpg

何の実かわかりませんが、果実が木になっている風景というのは、
秋だな、と思って適当にシャッターを押してしまいました。

でもあの日は涼しくて秋がきたと思って浮かれていたんですが、、
またまた、暑い日が。。
いつになったら涼しくなるのやら。。。。。。


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
Comment:0
back-to-top