FC2ブログ
2018
09.12

御影公会堂 1

Category: Landscape

永久に秋はこないんじゃないか?と思うくらい暑い夏でしたが、
自然はえらいものですね。
大阪も忘れずに涼しくなってきました。

大阪の夏は、「最高気温を記録しました!」などということにはならないので、
派手なニュースにはなりません。
でも、暑い状態がずーっと続く・・・

日本で一番、つらい暑さなんじゃないか、と思います。
大阪の人はみんなそういうんじゃないかな。

ところで、関西の方々、台風21号は大丈夫でしたか?
災害にはあまり縁がなかった大阪も壊滅的でした。

関空の様子は報道されていますが、
普通のまちなかでも目を疑うような状態になっていました。
幸い、我が家は無事でしたが、
丈夫なマンションにも関わらず、風がドーンドーンとあたって、
本当に怖い思いをしました。

長年生きてきて、台風などなんどもあっていますが、
今までで一番怖かった。

と思っていたら、北海道の地震。
日本はどうなっているのでしょうか。
自然災害が多く発生する原因がなにかあるなら、
解明してほしいところです。

北海道にお住まいの方々電気がなくてお困りですよね。
ひとつの発電所がダメになったら、北海道自体が機能しなくなるほどの
電力不足、とは、なんともお粗末な仕組み、だと思います。

電気がつかない生活は、ほんとうに「不便」などという言葉で
片づけられません。
不安と先の見えない心細さが増大します。
暗闇はいろいろな意味で怖いのです。

台風の被害をうけた関西のみなさま、
そして地震で壊滅的に生活が破たんしている北海道のみなさま。
心を強くもって、お過ごしください。
私があった阪神大震災では、ライフラインの復活に、
何か月もかかりました。
でも今は、もっと早く解決できるはず。
心よりお見舞い申し上げます。

===
タイトルの御影公会堂というのは、私の地元、神戸の古い建物です。
1929年、「灘の生一本」で知られる灘の白鶴酒造の嘉納治兵衛氏の手(金?)によって
作られた、いわゆる”集会所”だったんですが、

神戸大空襲や阪神大震災など、なんども痛めつけられました。
そのたびに、手を差し伸べる人がいて、今もこの姿を保っています。

最盛期には年間、1100件もの結婚式が行われていたそうです。

2017_11_03_3197rs.jpg

阪神大震災後は、大幅に立て直すことになったのですが、
最新のスタイリッシュな建物、、、には、せず、
できるだけ昔のままの姿を保つ方針で修復が行われたんです。

この御影公会堂について、書きたいことがあったのですが、
台風に、地震にと、災害続きで気持ちが沈んで、なかなか進みませんでした。

今回は、この公会堂の紹介だけにしておきます。
なぜここにいったか、は、続きで紹介いたします。

ちなみに、この写真は、昨年11月のものです。

急に涼しくなりましたから、風邪などにお気を付けください。



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
Comment:0
back-to-top