fc2ブログ
2020
12.23

あたらしい年に希望を

Category: 地元

あっという間に年末がやってきました。
今日はクリスマスイブだというのに、スーパーでさえ、
盛り上がっていません。
お正月がやってくる、という実感がわかないまま、
このまま年を越すのかなあ、と思っている次第。

今年は、写真を撮るどころではありませんでした。
いえ、まだ、桜の季節には少しカメラを持ち出したりしていたのですが、
どうにもカメラを提げて歩くことに、私は罪悪感を感じてしまいました。
なんどか、投稿しようと、下書きしていた記事もあるんですが、、
なんかね、だせなかったんです。

我が家はもともと、あまり出歩かない夫婦なので、
生活はそうかわったわけではありませんでしたが、
それでも、三月(一月末だそうです←夫談)の
「でかけてもいいのかなー、まだ、大丈夫かなー」という
時期に恐る恐るあべのハルカスのカラバッジョを見に行き、
確か前後して映画を一本みました。
それ以降は、でかけませんでした。

つらかったのは、最初のころ図書館が閉鎖されてしまったことでした。
今は、あの頃よりもずっとひどい状況になっているのに、
図書館も対策してあけてくれています。
年末年始は、帰省しないと答えたひとが90%を超えているという
報道もありましたが、私も神戸への帰省はあきらめました。
大阪もひどい状況ですが、兵庫県は人口比率にしてかなり危ない状況だからです。

みなさん、思っていることだと思いますが、
「一年前には、こんな今をだれが想像しただろう」

低レベルの犯罪が増えています。
ひき逃げといった「逃げる・知らん顔をする」といった犯罪が増えるのは
前政権についで、もしかしたらもっとひどいのかもしれない現政権の姿勢が
反映しているのではと、思わざるをえません。

やってくる年がいい年になることを祈ってやみません。
そとで食事をして、騒ぎたいとか、旅行したいとか、
そういうのはぜんぜんないのですが、
もう限界だといいながら働いている医療関係者の人がいるなか、
おいしいものをたべて、楽しい時間?を過ごしている某おじさま方、
年末年始の医療を守るために、働いてくれ、といいながら、
自分たちは早々と国会を閉会した方々。
議員さんたちは、どんな年末年始を過ごすんでしょうかね。
国民のこと、考えてくださっているんでしょうか。
このなんとも重たい空気を払拭するのは、
もちろん、コロナが終息すればいいのでしょうけれど、
「大丈夫だ、がんばろう」と思える対応してくれる、
頼れる指導者の旗振りなんじゃないか、と思います。

我が家は7月に念願の引っ越しをしました。
コロナ禍での家探し、引っ越しは大変でした。
ものすごい暑さもあって、めげそうでしたが、
たくさんの人の助けがあって、引っ越すことができました。
私は引っ越しは4回目だったのですが、
ひっこし屋さんのプロぶりには、再度感動しました。
いやー、コロナ対策という意味でもすごいと思いましたが、
効率よく、サービスレベルも素晴らしく、暑さの中、
対応してくださる姿に頭がさがりました。
家探しの営業さんも、よい出会いがあり、ほんとうに、
恵まれて引っ越しできたと思っています。

ですが、笑、
東大阪は脱出できず、前よりかは環境のよさそうな?場所、
静かそうな場所には引っ越せましたが、
どうなんでしょうか!?
写真は、引っ越した先の近所の風景です。
トップに挙げていたのですが、
今の世の中、アイドルの目にうつる風景から、
場所をつきとめたというような恐ろしいことも起こっているので、
まあ、ないとは思いますが、クリックしてみる次ページにアップしました 笑

たいした写真ではありませんが、最終行をクリックしてみてください。

神戸には帰れなかったなあ。。。。。。。

来年は、夫の仕事のことで大きな変化を予定していて、
そのための引っ越しでもあったので、
このコロナ自粛の間に、いろいろ進めていこうとしています。

みなさんは、どんな一年でしたでしょうか。
おこさんのいる家庭や、仕事が大変になった人など、
たくさんいらっしゃると思います。
夫も、困ったと窮状を訴えてきた社長さんたちの対応に追われていました。

いろいろと考えさせられる一年でした。

みなさんが、おうちで楽しいお正月が過ごせるように、と思います。

あたらしい年に希望を。
あたらしい年に希望を。

あたらしい年に希望を。

みなさん、よい年をお迎えください。
続きがあります→
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村
Comment:0
back-to-top